研究会2011 –

2019

  • ワークショプ
    2019年11月20日(水)〜11月22日(金)

    “Workshop on molecular dynamics based binding free energy calculations, post-processing of trajectories and force field development”

    杉田 有治(理研), Joanna Trylska (University of Warsaw)

2013

  • ワークショプ
    2013年11月21日(木)

    “Workshop on Molecular Simulations of Biophysics and Biochemistry”

    杉田 有治(理研), 岡本 祐幸(名大)

    公式案内サイト

    After ICMS2013, we would like to hold a one-day workshop on molecular simulations on biophysics and biochemistry. Here we invite 7 professors (all of them are the invited speakers of ICMS2013) and 6 young researchers in Japan. At workshop, we hope to have fruitful discussion about both simulation applications and methodological developments in this field.

  • ワークショプ
    2013年10月31日(木)~11月1日(金)

    “Workshop on Modeling Biomolecular Systems in Cellular Environment”

    杉田 有治(理研), 高田 彰二(京大), 高橋 恒一(理研), Michael Feig (ミシガン州立大)

    公式案内サイト

    The overall aim of this workshop is to bring together a mix of computational and experimental researchers to discuss current challenges in developing comprehensive views of cellular environments. More specifically, there are three main themes: 1) What are the biophysical consequences of cellular environments on protein stability and dynamics beyond simple volume exclusion effects? 2) What are the details of the structure and dynamics of genomic DNA and its transcriptional regulation? 3) How can we develop realistic structural and dynamic models of interacting biomolecules at cellular levels? In this workshop, we invite 20 researchers from abroad and from Japan and would like to have fruitful discussion about this new research topics.

  • シンポジウム(第51回日本生物物理学会年会)
    2013年10月29日(火) 16:15~18:45

    核内混み合い環境でのヌクレオソーム、クロマチンの機能発現機構

    杉田 有治 (理研), 高橋 恒一 (理研)

    Cellular nucleus is also a crowded environment where long DNA chains are packed with high densities. Recently, the highly packed DNA structures with DNA binding proteins have been investigated using X-ray crystallography, cyoelectron microscopy, and small-angle X-ray scattering (SAXS). These updated experimental information encourages multi-scale computational modeling of nucleosomes or chromatin fibers. In the symposium, both experimental and computational scientists show the latest data and discuss about the structures and dynamics of genomic DNA in chromosome or nucleus.

2012

  • シンポジウム(第50回日本生物物理学会年会)
    2012年9月23日(日) 9:00~11:30

    スーパーコンピューティング:分子ネットワークと細胞内ダイナミクス

    木寺 詔紀 (横市大), 杉田 有治 (理研)

    K computer (the ten Peta FLOPS supercomputer installed in Kobe) provides an enormous enhancement of the capability in computational life science. This symposium intends to bring forth the possibility of supercomputing in life science fully utilizing K computer. Particularly, it focuses on the multi-scale descriptions of molecular networks and cellular dynamics by integrating the molecular and the cellular simulation methods.

2011

  • ワークショプ
    2011年11月7日(日) 13:00~18:00

    第1回「細胞環境の測定とモデリング」ワークショップ

    高橋 恒一 (理研, 慶大), 上田 昌宏 (理研, 阪大) 杉田 有治 (理研)

    第4回JSBi応用システムバイオロジー研究会

    細胞は、1ピコリットル程度の極微小の空間に、その一つ一つが複雑な複合デ バイスであるタンパク質分子や核酸などの巨大分子を数万種類詰め込んだ、人類 が知る最も複雑なシステムです。これまでは、細胞内の分子の働きは試験管中の ような均一な希薄溶液や真空中などの理想的な環境を念頭にモデル化され、理解 される事が多く行われて来ました。しかし、現実の細胞内空間は1ミリリットル あたり数百ミリグラム以上に逹するいわゆる分子混雑の状況にあるだけでなく、 細胞膜や細胞骨格、細胞内小器官、ゲノムなどにより高度に構造化されている事 が知られています。近年、1分子レベルの観察技術が急速に発展し、このような 特異な「細胞環境」の中で、細胞内分子が動的に時空間パターンを変化させなが ら、いかに高次の細胞機能を実現しているか、その様を直接観測する事が可能に なってきました。多方、「京」をはじめとする高性能計算機の実用化や新たな 計算手法の開発で、細胞環境を露わに考慮した細胞内分子ダイナミクスのシミュ レーションに道筋が付きつつあります。
    本ワークショップでは、細胞レベルおよび分子レベルでのモデリングに取り組む 研究者と1分子計測の一線で活躍される実験科学者を講師にお招きし、今後大き く発展するであろう細胞環境の研究にどのように取り組んでゆくべきか、参加者 の皆様と実験、理論、計算の多方面から幅広く議論したいと思います。