超並列分子動力学計算プログラムGENESISを用いて、細胞内で働くタンパク質や核酸などの機能に関わる構造とダイナミクスを原子解像度で明らかにする手法を開発します。実験グループと連携して、シグナル伝達を司る多様な生体分子認識の機構を解明し、創薬に向けた応用研究を行います。

イベント& ニュース一覧をみる

PIからのメッセージ

この研究チームでは、計算化学の手法を用いて細胞内での生体分子機能、特に細胞内信号伝達に関わる蛋白質の機能の理解を目指します。我々はそのために、溶液中あるいは分子混雑環境中での蛋白質・基質あるいは蛋白質間相互作用と結合過程の理解と予測に取り組みます。

プロジェクトリーダー 杉田 有治
杉田 有治 写真